保育士に向いてない人っているの?仕事がうまくできず辞めたくなったときは

Kyoko先生

Kyoko先生
こんにちは!保育士のKyokoです。

この記事では「保育士に向いてないかも…」と悩んでしまったときの考え方についてお話ししたいと思います。

 

忙しい毎日の中、頑張っている保育士さん。

お仕事、お疲れ様です!

保育園で働いていると、思うようにいかないことがあったり、怒られたり、ミスが続いて、

思わず「私って保育士に向いてないのかな…?」と、落ち込んでしまうこともありますよね。

Kyoko先生

Kyoko先生
そんなときの対処方法についてご紹介します!

 

そもそも、保育士に向いてない人っているの?

Kyoko先生

Kyoko先生
あなたはなぜ保育士になったのでしょうか?

 

「子どもってかわいい!子どもが大好き!」という気持ちからでしょうか?

それとも、

「人のお世話をすることが好き!」という思いでなりましたか?

それぞれ、夢や思いがあって保育士になられていると思います。

実際に仕事してみて、厳しい現実を知ったかもしれません。

辛いことや悲しいことがあって、「私は保育士に向いてないかも…」と悩んでいる方もいるかもしれません。

でも、なりたくて保育士になったのに、”向いていない”という方は、ほとんどいないと思います。

子どもの命を預かり、子どもの成長を助けるという難しいお仕事なのですから、悩んで当たり前!

むしろ、悩んで考えている人の方が、保育士としての伸びしろも大きいと思います。

Kyoko先生

Kyoko先生
実力がついてくれば、仕事はグンと楽しくなりますよ!

 

苦手なことは誰にでもある!保育でつまずきやすいポイントと対処方法は?

あなたは、どうして「向いていないかも…」と思っているのでしょう?

仕事の中で何か、苦手なことや、自信のない部分を抱えていませんか?

他の保育士さんも、同じことで悩んでいるかもしれません。

Kyoko先生

Kyoko先生
保育士が苦手意識を持ちやすいポイントを挙げて、解決方法を考えてみましょう。

 

①子どもに懐かれない

なぜか自分のところに子どもが寄ってこない…

抱っこを交代すると子どもが泣いてしまう…

Kyoko先生

Kyoko先生
こんなことが続くと、自信をなくしてしまいますよね。

 

では、子どもにすごく懐かれている先生は、どんな先生でしょうか?

「いつも朗らかで元気な先生」

「とっても優しい先生」

「楽しい遊びをしてくれる先生」

などではないでしょうか。

どうしたらよいかわからなければ、まずは、あなたが素敵だなと思う先生の真似をしてみましょう。

また、たくさんの子に懐かれなくても、「あなたのことが好き!」という子どもも、絶対にどこかにいるはずです。

そういう子に深く関わってみましょう。

目の前の一人一人と全力で接していたら、いつの間にか、それが大勢に増えていると思いますよ!

②子どものケガが多い

小さい子どもはケガしやすいものです。

どれだけ努力しても、ゼロにすることは難しいですし、多少はケガをして成長するという面も子どもにはあります。

ですが、減らせるように改善はできます。

Kyoko先生

Kyoko先生
細かいところまでチェックしてみましょう!

 

部屋、園庭の環境
Kyoko先生

Kyoko先生
お部屋は一目で全体が見えるようになっていますか?

 

コーナー保育をしていたり、おもちゃの配置を工夫したりして、遊びやすいようにしていると、逆に死角ができていることもあります。

子どもが落ち着けて、かつ、保育士からも目が届くような部屋の配置を考えましょう。

園庭は、年齢に合った遊具を使っているでしょうか?

狭い園庭に多すぎる人数で遊んでいませんか?

伸び伸び体を動かせるよう、クラスごとで時間をずらしたり、小さすぎる子が危険な遊具の使い方をしていないか、

園庭におもちゃが散らばっていないかなど、遊ぶ前にチェックしてみましょう。

保育士の配置
Kyoko先生

Kyoko先生
一か所に何人もの保育士が固まっていませんか?

 

保育士が、まんべんなく全員の子を見られるように、他の保育士の動きにも気をつけて下さい。

子どもと一緒に遊ぶのも大事なことですが、遊び込み過ぎると、全員に目が行き届かなくなるので、全体を見ることも忘れないで下さいね。

一人一人の子どもの成長をチェック

0、1歳の場合、まだお座りやあんよが上手じゃない子は、転んだり倒れたりしやすいですよね。

つかまり立ちの時期の子もケガしやすいです。

体重の増え方や、筋力の強さも、ケガしやすさに関係してきます。

一人一人の体の状態に気を付け、うつ伏せやハイハイをたくさんさせて、ケガをしにくい体作りを心がけましょう。

2歳以上の子の場合でも、転びやすい子や、遊具から落ちやすい子がいるものです。

体の使い方が不器用だったり、体力がなかったりする子はケガしやすいです。

日々の保育で体力作りをしていきましょう。

声のかけ方
Kyoko先生

Kyoko先生
活動の前に、必ず注意点を子どもに呼びかけましょう!

 

「お友達を叩かない」

「階段で走らない」

「ハサミを振り回さない」

など、その活動で一番危険と思われる行為について、わかりやすく注意しましょう。

また、先生自身がきつい言葉で話していると、子どももマネしてしまいます。

それがケンカにつながることも。やさしくきれいな言葉遣いを心がけましょう。

③子どもが言うことを聞いてくれない

子どもは、先生の様子をよく見ています。

新人の先生や怖くない先生は、時として子どもになめられてしまうことも…

Kyoko先生

Kyoko先生
でも、それはあなたが優しい先生である証拠でもありますよ。

 

落ち込みすぎないで下さいね。

ただ、時には毅然とした態度も必要です!

人に危害を与えることや、人に迷惑をかけることはいけないと、教えることも子どもの成長のために必要です。

大きくて通りやすい話し方、ビシッと話すこともできるようにしましょう。

④保護者対応が苦手

子どもは大好きで、子どもとは楽しく話せるのだけれど、保護者が苦手…という保育士さんは意外に多いです。

基本的には、どの保護者にも、園であったことを包み隠さず誠実にお伝えすることが大切です。

Kyoko先生

Kyoko先生
ケガをした時も、状況を細かく伝えて謝罪しましょう。

 

一人一人の姿をよく見て、園での姿をたくさんお話ししたら、保護者からの信頼は自然についてきますよ。

信頼関係ができれば、苦手意識も薄れてきます。

中には、クレームや注文が多い保護者もいるかもしれません。

園でできること、できないことはハッキリとお伝えしてよいですが、あなたの手に余る時は先輩や上司に代わってもらいましょう。

⑤ピアノが苦手

3歳児以上のクラスを受け持つと、ほぼ必須になるピアノ。

苦手な人がとっても多いですね。

ピアノが上達するには、近道はありません!

毎日、コツコツ練習するのが一番の近道です。

ただ、保育士ならではの練習方法はあります。

保育園で必要なピアノは、「子どもの歌の伴奏」ですよね?

だから、子どもが歌いやすければいいのです。

まずは、歌を教えることが大事

Kyoko先生

Kyoko先生
ピアノよりも、「歌」を練習しましょう!

 

それから、歌と同じように右手のメロディーを弾けるようにして。

左手の伴奏は、片手だけでもいいから歌いながら弾けるようにして下さい。

片手ずつ、歌いながら弾けるようになったら、両手で練習しましょう。

ムリに難しい伴奏にチャレンジするよりも、簡単な楽譜を綺麗に歌いながら弾ける方がいいです。

「保育士に向いてない!」と言われて落ち込んでしまったときは…

先輩や主任保育士から、毎日怒られてばっかり。

今日は、「あなたは保育士に向いてない」とまで言われてしまった…

ショック!!

こんな時は、まず、どの部分を怒られたのか、冷静に振り返って下さい。

いつも同じ内容で怒られているのでしたら、そこがあなたの弱点なのですから、謙虚に受け止めて直さないといけませんね。

それにしても、「向いていない」という言い方は、穏やかではありませんね!

Kyoko先生

Kyoko先生
怒った方も、あなたにイライラをぶつけているだけかもしれません。

 

きちんと謝罪をして、改善方法がわからなければ、「ご指導下さい」とお願いしてみましょう。

いつも元気で笑顔を絶やさず、怒られても頑張っていれば、失敗しても、認めてもらえるものです。

あなたが精一杯頑張っているのに、向いていないなんて言われる場合は、怒った側にも非があるかもしれません。

Kyoko先生

Kyoko先生
その場合は、心許せる誰かに相談してみましょう。

 

色々頑張ったけど…それでも”向いてない”と思っているなら

いろいろ頑張ってみたけど、やっぱり自分は保育士に向いていない…と思う方。

真剣に頑張った人の中には、本当は向いていない人なんていないですけどね!

でも、こんなネガティブな思いから離れられない場合は、職場環境が合っていないことも原因かもしれません。

人にはどうしても相性があります。

Kyoko先生

Kyoko先生
職員同士で合わない人がいて、伸び伸びと仕事ができていないのかもしれません!

 

園の保育方針と、あなたの保育観が違っていて、

こんな保育をしたくないのに…

という気持ちでいっぱいなのかもしれません。

保育園は新年度ごとに担当が代わりますので、新年度に新しい環境になって解決する場合もあります。

それでしばらく頑張ってみても、ネガティブな気持ちが続くようでしたら、思い切って転職を考えてもいいかもしれません。

あなたの保育観に合いそうな園を探してみて下さい

「子どもが好き!」という気持ちさえ失わなければ、絶対にあなたに合う保育園は見つかりますよ!

Kyoko先生

Kyoko先生
「保育の仕事が楽しい!」と思える職場と出会えますように!

 

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

保育士不足のいま、保育園の求人も毎日更新されています。

給与や福利厚生、職場環境などは保育園によって様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、保育士求人サイトの「ジョブメドレー保育」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。

Kyoko先生

Kyoko先生
今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

住んでいる地域の求人をチェックする